マイナポイント

 「マイナポイント」という制度が検討されています。マイナンバーカードを持っている人が、チャージや購入に使用すると25%のポイントが戻ってくるという制度で、総務省の資料によると、マイナポイントの申し込みは2020年7月から、マイナポイントのチャージは2020年9月からを予定しているそうです。

 制度設立の趣旨は、東京オリンピック・パラリンピック後の消費を下支えする観点から、キャッシュレス決済基盤の構築を図る、というもの。

 制度の概要は次のとおり。

 ●マイナポイントの利用条件:マイナンバーカードを取得していて、かつ、マイキーIDを設定した人。
 ●マイナポイント利用方法:
  ①キャッシュレス決済サービスを1つ選択して、マイナポイントを申込む。
  ②「前払い(チャージ)」または「物品等の購入」を行う。
  ③マイナポイント(プレミアム分)を、選択した決済サービスのポイント等として取得。
  ④当該決済サービスが利用可能な店舗等において、取得したポイント等を利用
 ●マイナポイント利用上限:5,000ポイント(2万円分の前払い等) ※1ポイント=1円相当
 ●プレミアム率:25% ※小口での前払い等も可能
 ●事業実施期間:令和2年9月~令和3年3月までの7カ月間


 最大2万円チャージすれば5千円分のポイントが付いてくるということですね。マイナポイントの利用シーンは、店頭での○○ペイのスマホ決済、オンラインショップでポイントで購入など。

 還元率が25%というのはすごいですね。国の施策なので安心感はあります。ただ、実施期間は2020年9月から2021年3月までの7か月間と短期間なので注意が必要です。

 この機会に、マイナンバーカードは普及させたいという狙いがありありですが、ポイントバックとは目の付け所がいいですね。今後の動きに注意していきたいです。


関連資料:「マイナポイントによる消費活性化策について」(総務省)