映画 ジョーカー

 joker01_IMG_5222.jpg  

 ホアキン・フェニックス主演の映画「ジョーカー」を視聴。ジョーカーといえば、いわずとしれたバットマンの最大の強敵ですが、ジョーカーが誕生するまでを描いているのが本作品です。

 ホアキン・フェニックスの作品は、「グラディエーター」以来、いくつも観ていますが、最近では、「ビューティフル・デイ」や「ゴールデン・リバー」が良かったです。彼の演じる等身大の屈折した人物像にはとても共感できます。

 アーサー・フレックという青年がジョーカーという稀代の悪役に変貌していく過程は、衝撃的かつ絶望的であり、一人の青年の苦悩と狂気をホアキン・フェニックスが素晴らしい演技で魅せてくれます。歴代のジョーカー俳優で一番だとおもいます。

 生い立ち、現在、ジョーカーの誕生、そして、バットマンとの関係性が、ご都合主義ではなく自然なストーリーで構成されていて、脚本がいいと感じました。