ライソン 超蜜やきいもトースター

 ライソンの「超蜜やきいもトースター」は、最適な温度を自動制御して、誰でも簡単に美味しいやきいもが焼ける、というトースター。最初は低温で最後は高温、といった焼き芋用の焼き方を手動でプリセットすることもできます。「超蜜やきいもpukupuku」という人気店が監修・開発協力しています。  サツマイモの品種によって、ねっとり向きかほくほく向きか分かれるようですが、製品名にある「超蜜やきいも」にす…

続きを読む

一心窯 焼締コーヒー急須 SOLO

 コーヒーは好きな飲み物で、ドリップコーヒーがほとんどで、ドリッパー+サーバー+紙フィルターで淹れています。このやり方が一番いいとおもっていましたが、最近、気になるアイテムを発見しました。  一心窯の「焼締コーヒー急須 SOLO」という製品で、お茶のように急須でコーヒーを淹れるというもの。分量は280ccで一人分。ポイントは、常滑焼であることとステンレス製のメッシュカゴ網フィルターを採用し…

続きを読む

おちょぼ口 バタマヨ正油

 自分で作る昼ごはんのトップ3を挙げると、チャーハン(↓これ)、焼きそば、野菜炒め。以下、オムライス、ラーメンと続きます。こうしてみるとフライパン料理がほとんどw      味付けは、塩コショウ少々に醤油をフライパン1周程度。チャーハンだったら、気分によっては追いバター、といったところですが、根が無精なせいか、適当で、味がなかなか一定しません。  正田醤油の「おちょぼ口 バタマ…

続きを読む

水島弘史 まさかの弱火中華

 休日の昼ご飯を自分で作ることがあります。ただ、レパートリーはせいぜいチャーハン、ラーメン、焼きそば、オムライスといったところ。我が家はIHヒーターなので中華鍋をあおるなどもっての外ですし、火力もそれなりなので、中華料理はあきらめていました。  そんな固定観念を覆してくれそうなのが、「まさかの弱火中華 おうち中華が劇的に美味しくなる -」(水島弘史、ワニ・プラス)というレシピ本です。本書で…

続きを読む

木の屋石巻水産 牛たんデミグラスソース缶詰

 「きのや、きのや、きのや~、いし~のまきまき~(^^♪」のCMソングで有名な木の屋石巻水産。宮城県石巻市の老舗の水産加工メーカーです。さんま、金華さばといった魚の缶詰はもとより、鯨の行商から始まったといわれるルーツから、鯨大和煮も目玉商品です。  このように、海のイメージがある木の屋石巻水産から、何と牛タンの缶詰「牛たんデミグラスソース缶詰」が発売されました。意外な組み合わせですが、商品…

続きを読む